記録 2010 oct

a0073583_12474646.jpg


類家心平 4 piece band @ motion blue yokohama

VJ として参加。
この日のために作ったオープニング映像、
なかなか気持ち悪くてよかったと思います。

このオープニング映像を作るのにレンダリングが遅くて
mac pro 購入を決意。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-10-25 12:47

記憶 2010.7 北海道

a0073583_2354624.jpg
a0073583_23543148.jpg
a0073583_23545145.jpg
a0073583_2355915.jpg
a0073583_235527100.jpg
a0073583_23554092.jpg
a0073583_23555453.jpg
a0073583_2356381.jpg


二度目の伊達はより強烈に自分の中に残った。
関わってくれた皆様に感謝。
また行こう。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-07-21 00:00

『リアル感電!!』

a0073583_946524.jpg


ホナガヨウコ企画 音体パフォーマンス公演 『リアル感電!!』 を見た。

音体パフォーマンスとは、モデルでありダンサーのホナガヨウコさんが、
音楽とダンスをセッションさせ、音楽を視覚的に見せるように情景を描き、
生演奏で踊る、というもの。

にせんねんもんだい、サンガツ、と続いて今回は d.v.d。
ドラマーのjimanicaさんは以前jazz collectiveで一緒に演奏していたので、
舞台を見ていてなんだか不思議な気分になった。

ドラム二人、映像、パフォーマー7人と、かなり大掛かりな上、
証明がなんとも美しく、舞台というより空間そのものが一つの大きな演出のもとに
形作られていた。

次はどんなかたちで出てくるのか?
ダンス、音楽、といったカテゴリなどどうでもよく、
ホナガさんが何か面白いことをやってくれる、という気持ちのよい期待を持ってしまう。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-04-28 09:46

対岸の彼女

a0073583_1014710.jpg


角田光代 「対岸の彼女」を読んだ。

他の友達とうまく交われない子供を見て自分の不器用さを感じ、
生活にも張りを見いだせない女性が仕事を探す決意をする。
カラッとした同じ年の葵という社長がいる会社で働きはじめ、
自分の企画が実っていくことで喜びを感じはじめるが、
葵の奔放な性格からか、会社としての経営が危うくなる。
そんな奔放な葵には、週刊誌を騒がせる事件を起こしていたという、
暗い過去があった。

現在と過去を行き来し、別々に進行する話だが、どこかオーバーラップするところがあり、
読んでいて常に既視感をもってしまう。
ぐぐっと引き込む文章、ここ、というところでやってくる台詞などが
なんとも心を揺さぶる。

読み終わった後で、そういえばこれ直木賞とった作品なんだなあ、と思い返した。
力あるものには結果がついてくる。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-04-25 09:52

「美しい手紙」

a0073583_949158.jpg


ライオンパーマ公演 「美しい手紙」 を見た

ボーリング学生選手権で優勝し、ボーリングブームを巻き起こした5人。
2連覇を目前にし、テイクバックしたボールが当たり記憶喪失になってしまったメンバーの記憶を取り戻すために3日間空けてくれ、という招待状をもらったメンバーは10年ぶりに集まり、記憶をたどっていく。
ただ、誰が招待状を出したのか知らない。
マネージャーが受け取った匿名の手紙は誰が出したのか?
記憶は戻るのか?

テンポがよく、メリハリがある展開であっという間に見終わった。
出演者の一人、あやさんが知り合いで見に行ったのだが、一人5役くらいやっていた。
出演者はもう2人くらい必要だったかもしれない。
同じ人をここまで使い分けられるのか、と演出の流れに感服。
それをこなす役者にはもっと感服。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-04-23 09:47

私を抱いてそしてキスして

家田荘子 著「私を抱いてそしてキスして」を読んだ。

ドキュメンタリーライターである著者がエイズと出会い、
エイズボランティアとして二人の人間の生活と向き合っていく。

自虐的になったり悲観的になったり、薬物に依存したりしながらも、
粘り強くボランティアに向かう著者に対し心を開き、
お互いを大事な存在と認識し、信頼していく。

時代のせいなのか、エイズに対する偏見がひどい。

情報が不足しているからこそ、自分自身で判断し、
冷静に行動することが必要なのは、エイズであれ癌であれ、
いつの時代であっても大切なことではないだろうか。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-04-07 13:12

がんと向き合って

上野創 著、「がんと向き合って」を読んだ。

26歳の新聞記者だった著者が、突然睾丸に癌が発見され、
しかも肺に転移しているのが見つかった。

入院して即手術、抗ガン剤の副作用との闘い、
超大量投与療法による体力低下や鬱、
そして二度に渡る再発について、リアルに、
でも非常に読みやすいタッチで描かれている。

本の中に二度、本人の写真が出てくる。
一枚は入院当時恋人だった女性が、入院してすぐに結婚を決意、
外泊のときに二人で撮影したもの。
もう一枚は結婚式のもの。

癌が今ほどオープンでない時代、
しかも当事者とは思えない明るい表情に、余計心を打たれる。

著者は闘病の結果、三度目の再発を起こさずに行き抜く。
死に向き合うことで、余計に生について考えることになり、
幸せのハードルが下がった、という。

いずれは癌になるであろうと考えると、
こういった経験を知ることは心強い指標になってくれそうだ。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-04-07 13:12

アンダーリポート

佐藤正午著、「アンダーリポート」を読んだ。

a0073583_17283592.jpg


15年前に起きた殺人事件、被害者の隣に住んでいた自分、被害者から暴力を受けていた妻と子、
自分の恋人、そして恋人の叔母。
子供が突然自分を訪ねてきて、15年前の事件を遡り、改めて考えなおし、
事件は意外な結びつきを見せていく。

これもネタバレなのだけれど、初めの1章は初読ではよくわからない構造になっている。
物語の最後と結びついているのだ。
一度読み終わった後、もう一度最初の章をきちんと読み返してしまった。
ループして最初に戻ったような、そしてきちんとループできたような気持ちよさがあった。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-02-12 17:33

珍しいキノコ

珍しいキノコ舞踊団公演「私が踊るとき」を見てきた。

a0073583_17262880.jpg


以前から名前はよく知っていたし、面白そうだなあ、と思いつつも初観劇。
場所は世田谷パブリックシアター。

多少ネタバレの要素もあるので多くは書かないけれど、
最初から「ん、この音はリアクターかな?」とか「照明が・・・背景が・・・」と考えてしまう
自分がバカバカしくなるくらい、あっけらかんと、そしてしっかりと
舞台が作られていて、単純に笑い、すごいなと驚嘆し、感動する舞台だった。

こういったアイデア、そして創作への姿勢はなんとも大きな刺激だ。
[PR]
# by olga-tanake | 2010-02-12 17:26

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

無事に2010年を迎えることができました。
大晦日にライブがあり、カウントダウンを務めたけれども、
なんだか年が明けた感じがしない・・・

皆様今年も何卒よろしくお願いいたします。
ベースも弾き、レコーディングもやり、映像も、と欲張りに頑張ります。


1月29日はOLGAのライブがあります。

田中tak(g)
中林万里子(key)
田中啓介(b,vj)
粕谷謙介(ds)

予約:2,600円、当日:3,000円、(別途1drink600円)

特設サイトなんか作っちゃいました。
http://www.studio-olga.com/live100129.html
どんなライブなの?と言われればこんなライブです。
伝わらないか・・・
ぜひ体感しにマイルスカフェにいらしてください。

a0073583_17341262.jpg

[PR]
# by olga-tanake | 2010-01-04 17:34