念願の

a0073583_431357.jpg


ICCにdumb typeの「S/N」を見に行った。
オペラシティで行われている「trace elements」にdumb type主宰の古橋悌二が出展しているため、特別上映がされていた。
以前に「or」を見て衝撃を受けて以来、「pH」「memorandam」と集めて熱心に見ていたが、この
「S/N」は見る機会がなかった。しかし、著作を読んでも雑誌でも、この作品が一番取り上げられており、問題作とされていた。見たい。ずっと思っていた気持ちがようやく実現。

内容は古橋悌二自身がHIVポジティブでありホモセクシャルであることをカミングアウトするところから始まる。セックスに関するフリートーク、ダンス、モノローグなどを織り交ぜながら、エイズとは、LOVEとは、人間性とは、コミュニケーションとは、といったところが表現されていく。

個人的には古橋悌二自身のドラアグクイーンとしての歌、BUBUの股間から出てくる万国旗に慟哭を禁じえなかった。

あまりに衝撃で、オペラシティもICCの展示も見る気になれなかった。見たものを大事にしたかった。見られてよかった。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-09-22 04:10

echo

a0073583_4134353.jpg


関内ZAIMにて行われている「the echo」展を見に行った。

若い作家たちが集まり、校舎のような建物で余裕のあるスペースで展示。
以前から興味のある作家が多数参加していたので楽しみだった。

自分なりに面白かったのは竹村京、名和晃平、泉太郎。
竹村京の展示は刺繍とパラフィン紙、テレビなどいろいろなメディアをさらりと、でもしっかりと記憶に残るように作られていた。
名和晃平は映像による展示だったが、プロジェクションではなく液晶を使用していたのがちょっと驚き。ブレによる視覚的効果を呼び起こす作品であり、そのためにかなり高解像度の液晶が使用されていた、と思う。
泉太郎はばかばかしいなあと思うアイデアをすごくスマートに表現していてびっくり。子供もすごく楽しそうに見ていたのが印象的。

記述していないけれど他の作家も面白かった。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-09-13 04:10

アネットメサジェ

a0073583_421446.jpg


森美術館にて行われている「アネットメサジェ展」を見に行った。

ぬいぐるみと鳥の剥製を組み合わせたり、ピノキオが鯨に飲み込まれたときの情景を静かに表現したりと、表現方法が非常に面白い作家。

普通に見ていて「かわいいなあ」と思ってしまう作品にも、なんだか後で思い出してしまうようななにかひっかかるものを残してくれる。

実際にはすごくフェミニストだという作家、今回の展示にはそれがあまり感じられず。
他の作品も見てみたい。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-09-07 04:14

いつもタイトルがおぼえられない

a0073583_1211485.jpg


押井守監督「スカイクロラ」を見に行った。

キルドレと呼ばれる、大人になれない子供たちが戦闘機に乗って敵と戦う。子供の姿ながら戦うのは「仕事だから」といってただただ戦闘に出ていく。

終始テンションの低い登場人物たち。その静けさと戦闘シーンの銃撃音やエンジン音との対比が気持ちよく、最後まで目が離せなかった。

この作品はプロダクションIGが制作だが、ちょっと思うのは、意外にストーリー的には大したことは語られていないこと。映像表現のすごさがあるので最後まで非常に楽しんで見られるが、心理的にトラウマティックなものまで獲得することはなかなかない。アニメにそれを求めるのは求め過ぎ?
[PR]
# by olga-tanake | 2008-08-07 12:11

鉄割

a0073583_1220688.jpg


鉄割アルバトロスケット「鉄割のアルバトロスが」を見に行った。

ダンサーの康本雅子さんが出演するし、鉄割は前から見たかったし、ということで見に行ったのだけれど、あまりに先入観なしで見過ぎだったかも。

細かい設定のコントのようなものが次から次へとつながりなく行われていく。それのどれもがなんとも濃いキャラクター揃い。よくもまあ世の中の「まずい」種類の人間を集められたなあと思うくらい。

「物が飛んでくるかもしれない」という注意書きはHPで見てたのでちょっと遠めの席をとったけれども、最後メンバー同士でネギで殴り合うシーンでは思い切りネギが飛んできて自分の腕にあたった。

見るのに、すごいエネルギーが必要です。興味ある方は覚悟してご覧ください。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-07-06 12:12

golden green

a0073583_1446393.jpg


UA 『Golden Green』を、最近よく聴いている。

フリージャズ色が強くなって、「la」などは演奏力の高さを聴くために聴いてしまっていたりしたけれど、今回はポップ色が強くなっていた。

インプロビゼーションの世界で名を馳せている人が多数参加しているけれど、こういう人たちが紡ぎだすポップの色合いはこんなにカラフルなのか!

音の存在感も非常に気持ちがよく、スピーカーの位置の確認などでかけているつもりだったのに、いつの間にか座ってじっくり聴いてしまっていたり。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-02-15 14:49

ジプシー

a0073583_14392973.jpg


映画ジプシーキャラバンを見た。

「ジプシー」と一括りにされる人々の中で、トップに位置する5バンドがツアーを行った際のドキュメンタリー。

ハリウッド映画などでは野蛮なステレオタイプなイメージが先行している「ロマ」「ジプシー」がどのようなものなのかを広く知ってもらいたいというメッセージがこめられている。

生活や信念、伝統と密接に結びつき合った演奏は本当に圧巻。力強い心と、それを体現する演奏力があると、頭で考えることではなく身体の内部にいきなりぐさりと入り込んでくる。

ドキュメンタリーとしての事件なども織り交ぜられ、非常に濃密な内容。「最近いい映画見た?」と言われたらいつもこの映画のことを答えてしまう。他にあまり見ていない所為もあるけれど。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-02-15 14:44

からから

a0073583_742152.jpg


原美術館にピピロッティリスト「からから」を見に行ってきた。

岡部あおみ著「アートと女性と映像」という本で見てから興味を持っており、しかも日本初の個展だということでかなり期待大。

全体的には非常に女性を強く出している作品が多い印象。音楽との関係性を重視しており、また、映像のループ感がなんとも気持ちよくずっと見ていて飽きない。作品数も多く、すごく面白かった。

しかしなによりも一番楽しめたのは常設展示のタイルの作品(作家名失念)が見れたこと。この人のビデオがUPLINKから出ているが、必見!狂人とはこの人のこと!
[PR]
# by olga-tanake | 2008-01-10 07:16

クロッシング

a0073583_6492077.jpg


森美術館に「六本木クロッシング」を見に行った。

見て率直な感想としては非常にテクニカルな作品が多い印象。恐ろしいまでの集中力で細かく隅々まで描かれた作品や、執拗なまでに同じモチーフが繰り返される作品など。

もちろんそういう作品ばかりではないけれど、そういう作品が印象に残った。そういったテクニックが非常にすぐれた作品は見るものを一発で惹き込む力を持っている。

今回は、テクニックの奥に何を見るのか、ということを考えさせられた展覧会でもあった。もともとハイパーテクニックなものが好きな自分にとって、テクニックを忘れさせるくらいのものとはなんなんだろう。それがわかる日は来るのか。
[PR]
# by olga-tanake | 2008-01-10 07:00

へん路

a0073583_0102464.jpg

劇団、本谷有希子の公演「偏路」を見てきた。

東京で女優になる夢に破れて田舎に帰ってこようとする女。
女は田舎の刺激のない生活に呆れ果て、家族や親戚に当たり散らす。
それをなだめたりするうちに家族はいろいろなトラブルを起こし・・・

相変わらずの本谷節に、時に笑い、時に痛いところを突かれたり。
面白いのだけど、単なる勢いの笑いに走っていなくて、
ストーリーの運びやテンポが本当にいい。

今回は映像が非常に凝っていて見応え十分。
次回がまた楽しみ。
[PR]
# by olga-tanake | 2007-12-21 00:15